4月3日のひろば

原発のない未来に向けて “はじめのいっぽ” 踏み出しませんか?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

[43] 親子でわんぱく春キャンプ in 白州 2016 (3/25~28)

『親子でわんぱく春キャンプ in 白州 2016』

「4月3日のひろばーつながるネット」では、第12回目の保養プログラムとして春休みのキャンプを実施します。
今回は福島をはじめとする東北・関東の放射能汚染地域の親子約30名が参加予定です。

原発事故からまる5年が経ち、政治も社会も報道もまるで放射能汚染などなかったように振るまい、放射線被害について言及することが「風評被害」として被災地の復興の妨げになるという風潮が主流となる中、汚染地域に住む子供たちの健康被害や親たちの不安は、ますます増大しているにもかかわらず無視されることが多くなってきました。

昨年北杜市で上映された『小さき声のカノン』でも取り上げられましたが、事故以来全国各地で実施されている保養プログラムは、放射能汚染を心配せずに思いきり外遊びをしたり、子供たちの身体の中の放射性物質を減らすことができるため、ますますその重要性が高まっています。にもかかわらず、世間の関心が薄れる中、多くのプログラムが予算やスタッフの確保に苦労しているのが現状です。みなさまのご支援、ご協力をぜひよろしくお願いいたします。

SpringCamp2016.jpg



スポンサーサイト

| 福島~山梨つながるネット | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://space43.blog.fc2.com/tb.php/258-9cf095ba

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。