4月3日のひろば

原発のない未来に向けて “はじめのいっぽ” 踏み出しませんか?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

[43]6/22(日)大泉 原発勉強会特別講演会

原発勉強会特別講演会
「原発ゼロ社会への道を探せ~市民がつくる新しい脱原発政策」

「原発ゼロ社会への道」を発表した原子力市民委員会の協力で
メンバーのお二人を講師に迎えて大飯判決は新しい脱原発のすすむべき道を示してくれたのか?
私たちは何ができるのか?
先の見えない福島原発汚染水の実状とその真の解決策は何か?
そうしたことをみなさんと考えてみようという企画です。

4月3日のひろば/原発勉強会特別講演会
「原発ゼロ社会への道を探せ~市民がつくる新しい脱原発政策」

6/22(日) 大泉総合会館第4会議室(新しい大泉支所と同じビル)
  開場 1:00 スタート1:30~4:30 参加費 500円

講演1、奈良本英祐さん「市民がつくる脱原子力政策と大飯判決」
講演2、筒井哲郎さん「汚染水対策と事故処理の方向」
 
*今回の講演会は特別にテキスト購入は必要ありません。
7月からの勉強会テキストになる書籍は当日会場で販売します。
勉強会に参加,不参加を問わず
900円(定価1000円)でお求めいただけます。

<10回シリーズ連続勉強会について>
市民がどのように原発ゼロ社会の実現に貢献できるかを具体的に考える時期ではないかということからはじめるのが
10回シリーズ連続勉強会です。
7月10日にスタートします。
原発ゼロ社会の実現は多くの人が望むことですがそれにはまず原発を支えてきたシステム(国家)の破綻としての
フクシマ原発事故という大惨事をとらえ直す必要があります。
その上での原発ゼロでなくては何度も同じ惨事が繰り返され自滅の道を歩むばかりだともうそろそろボクらは気づき始めています。
テキストの「原発ゼロ社会への道」に沿いながらも捕われることなく自在に考えを広げて膨らませるトレーニングの場として
どうぞご利用してください。
第1回 7/10(木)夜7:30~9:30
 テキスト序章「なぜ原発ゼロ社会を目指すべきなのか」 
第2回 7/27(日)午後1:30~
 特別ゲスト/満田夏花さん
「福島原発事故被害の実態から見える原発ゼロ社会」(仮)

*8月以降の詳細は未定ですが
原則として第2と第4木曜日 夜7:30~ 大泉総合会館で行ないます。
*特別ゲストを迎える時は日時、場所などが変更になる可能性があります。
*参加費は10回シリーズで2500円。途中からの参加も可。
*特別ゲストの回だけの単発での受講も可。参加費 500円

20140622_1.png
スポンサーサイト

| 学習会のお知らせ | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://space43.blog.fc2.com/tb.php/221-b17812ba

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。