4月3日のひろば

原発のない未来に向けて “はじめのいっぽ” 踏み出しませんか?

<< 2014-08- | ARCHIVE-SELECT | 2014-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

[他]山梨から辺野古の闘いへ応援を送ろう!―辺野古現地行動の費用カンパのお願い―

山梨から辺野古の闘いへ応援を送ろう!
―辺野古現地行動の費用カンパのお願い―

<辺野古からのメッセージ>
今日も辺野古の海には、小さなカヌーが漕ぎ出し、 灼熱のゲート前では高齢者のみなさんが体を張り、抗議し、抵抗を続けている…
一人でも多くの人たちに現場に集まって欲しい、少しの時間でも、抵抗のために現地に足を運んで欲しいのです。

政府は、公安警察、機動隊と海上保安庁、自衛隊と米軍、何千億円もの金と権力・軍事力を使い、沖縄の人々を暴力的に制圧しようとしている…
そう米統治時代に銃剣とブルドーザーで人々を追い遣った米軍統治時代と同じように。

それに対して抵抗する私たちは、ただただ弱い人間の集まりです。 日米の軍隊、警察と戦争を出来るような力など、持っていません。しかし沖縄の人間たちはこれまで何十年もの間、圧倒的な暴力に対し、抗い、闘い続けてきた。これからも…ブイが投げ込まれようとボーリングがはじまろうと、ブルドーザーや戦車、戦艦が派遣されようと、闘い続けます。

でも、基地建設を止めることを、これほど酷い暴力に対することを、沖縄の人間だけが担い続けなければならないのでしょうか?       「辺野古浜通信」より

----------------------------------------------------------

「なぜ沖縄の人間だけが担い続けなければならないのでしょうか」に応えたいと思います。

先日行われたリニアの集会での斉藤貴男さんのお話にもあったように、現政権が進める、原発輸出・再稼働、集団的自衛権、秘密保護法とリニアは密接に結び付き、それはまた、日米安保、辺野古の基地建設ともつながり、世界的に見れば、イスラエル、パレスチナとも結びつきます。
この一連の流れが、私たちが望む「公正・平和・いのち・愛」とは真逆の方向に向かっていることは確かだと思います。

沖縄の海兵隊は、以前は山梨に駐留し、今も北富士演習場を抱える山梨。山梨から辺野古に応援を送るための費用(交通費・滞在費等)のカンパをお願いしたいと思います。現在行く人はひとり決まっています。費用が工面出来次第、出発します。帰ってきたら報告会を開催する予定です。ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。

■ゆうちょ銀行から振り込む場合
口座名    山梨から辺野古へ ー 不服従市民の会
        (ヤマナシカラヘノコヘ ー フフクジュウシミンノカイ)
口座番号   10840ー13967671

■ゆうちょ銀行以外から振り込む場合は下記の内容になります。
店名    〇八八 (ゼロハチハチ)
店番    088
預金種目 普通預金
口座番号 1396767 ※最後の1がなくなります。要注意!

ゆうちょ銀行からはATMで尚かつ口座間送金であれば手数料0円です。
ゆうちょ銀行以外の銀行や信金などから送金の場合は手数料が普通にかかります。

「山梨から辺野古へー不服従市民の会」
呼びかけ人:森井雅子 久松重光 田中美砂

201409_henoko.png
スポンサーサイト

| お知らせ | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>