4月3日のひろば

原発のない未来に向けて “はじめのいっぽ” 踏み出しませんか?

<< 2012-03- | ARCHIVE-SELECT | 2012-05- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

4月8日の「おおきな広場」報告 前半

4月8日の「おおきな広場」報告
生涯学習センターこぶちさわ2F研修室 午後1時半~4時40分
司会/平田

*青柳 始めのあいさつ
「昨年、それぞれが抱えきれない気持ちを持って、4月3日に集まってから1年が経ちました。そしてできることをひとつひとつしてきました。そして今どのように感じているか、今年はどの様に活動して行ったら良いかも聞かせていただけたらと思います。」

*各テーブルからの報告
<GENPATU勉強会>青柳さん
昨年前半はビデオを観る勉強会、後半は独自の視点をもった方に様々な観点から原発の問題点を学んだ。今年になってからまだ勉強会がひらかれていない。リクエストによって、チェルノブイリ救援・中部の河田昌東さんをお招きする予定。6月2日(土)という日程までほぼ確定。河田さんはチェルノブイリ救援に24年間活動され、遺伝子組み換え問題の専門家でもある。講演の内容などについてご要望やアイディアを寄せてほしい。
<Web活用チーム>千田さん
昨年6月頃から始めているブログに加えて、現在3人+1人でホームページの準備中。デザインができたら、各テーブルのブログをリンクさせて活動状況が分かりやすく参照できる状態にしたい。ブログの更新はそれぞれのブログ管理者が行うことで、早い対応が可能になるのでは。また有料サーバーを使う必要もでてくるかもしれない。

<はじめのいっぽパレード>阪田さん、斉藤さん
1、2、3回と長坂でのパレードだった。3回目は特に温かい食べ物を出したりで準備も大変だった。3.11の4回目は場所を小淵沢に変えた。
当初、デモではなくパレードという言い方にしっくりこない感じもあったけれど、子どもや動物も参加する形にパレードという言い方にも悪くないと思えるようになった。次回6.11は北杜市役所へ。市長に面会して要請文を渡したりということも考えている。

<ガイガーカウンターWS>大村さん
昨年5月に坂野さんの指導のもとに、ワークショップを開いて各自がそれぞれ自分の測定器を苦労して製作した(北杜GMC)。その後何度かの改良や調整の集まりをもった。その中で「楢の木技研」のカウンターが加わり、福島のような高線量の場所に向いているということで、それを作りたいという人も新たに参加。楢の木のカウンターを福島に送る坂野さんのプロジェクトに協力する人もいる。
現在そんなゆるやかにつながった状態だが、当地でのガレキ受け入れが始まるとすれば、それの監視に役立つことができる、かも。
北杜GMCは食品の線量を測るベクレルモニターとして、楢の木GMCは空間線量の測定に向いているのではないかと思う。

<福島~山梨つながるネット>関さん
昨年6月に基金を立ち上げ今年の3月末で178万円の募金をいただいた。およそ90万円を使い現在の残高は88万円。
つながるバスツアーは保養目的に7、8、9月の3回行った。バスツアーをきっかけに2家族が北杜市に移住。その後も個人的に保養に来る人や、他の地に避難された方も。ほかに茨城や県内丹波山からの避難移住もあり、サポートした。
北杜移住ガイドブックを制作し、現在は4刷目。ブログ、メール、チラシ、口コミなどで、求人、物資、住宅などの情報の募集と提供を行っている。また市内の移住家族のサポート体勢も大事だと思っている。
また県内外の他の団体との連携も必要ということで2月には全国サミットに、3月には郡山での相談会に参加。3月に甲府で生まれた「いのちむすび場」ともつながりを深めたい。
現在、5/11~14予定の、『つながるバスツアー・女子旅in北杜』をホストファミリー(ホームステイ)の形で進めている。
これからもバスツアー、移住支援、市内移住家族のサポートという3本立てでいきたい。

<震災がれき問題研究チーム>中島さん、森井さん
3月20日の新聞にガレキ受け入れの対応について掲載されたのを受けて、22日に1回目の集まりを開いた。北杜市の廃棄物処理施設は韮崎市と甲斐市の一部と峡北事務組合をつくって協働で運営している。その組合議会の全議員と北杜市議員全員と北杜市白倉市長に震災ガレキの広域処理についてどう考えるか、というアンケートを急遽行った。6日の締め切りが過ぎて、現在24名の回答が帰って来ている。これを今後集計、分析してインターネットなどで公表を予定している。
今後は、アンケートに答えくれた議員を含めた勉強会を早急に開きたい。(講師:梶山正三弁護士で4月28日午後1時半から、いずみ活性化施設に決定)また、ブログもスタートする予定(すでに始まっている)。
http://43gareki.blog.fc2.com/
また「いのち・むすびば」との連携も既に進んでいる。
http://inochimusubiba.blog.fc2.com/公式ブログ

*「4月3日のひろば」のありかた~一年目の点検について
「ひろば」の一年目の点検整備については、十分議論をする余裕がなかった。「組織でない組織」の問題点が出て来ていない訳ではないので、機会を見て克服すべきポイントに焦点をあてた話し合いの場をあらためて持ちたい、という提案がなされた。

*4月3日のひろば(つながるネットを除いて)会計報告

1月での残金 206,064円
パレード関連 収入 新聞折り込みカンパ 60,000円   折り込み代 52,500円
                                     紙代 8.319円
デザイン 10,000円
プラカード制作 2,018円
資料印刷 1,410円
デモ道路使用料 2,300円
ハンドスピーカー購入 8,680円
小計 85,227円

その他の支出
1月おおきなひろば会場費 730円
蔵屋場所使用料3ヶ月分 9,000円
全国サミット参加交通費(東京) 6,716円

3月末日残高 164,391円

福島~山梨つながるネットの会計報告もされましたが、福島での全国サミット参加の交通費などについて、「ひろば」支出から「つながるネット」支出に移されたので修正して後日、新たに報告することになります。

以上

文責 青柳、春木
スポンサーサイト

| ひろば | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。