4月3日のひろば

原発のない未来に向けて “はじめのいっぽ” 踏み出しませんか?

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

親子でわんぱく春キャンプ in 白州

4月3日のひろば(福島~山梨つながるネット)では、第14回目の保養プログラムとして春休みのキャンプを実施します。

== 親子でわんぱく春キャンプ in 白州 ==
3月24日(金)~27日(月) 北杜市白州町 名水公園べるが 森の宿泊館
福島県など放射能汚染地域の親子約35名が参加予定

現在定員に達しています。

詳細は http://tsunagarunet43.blog.fc2.com/blog-entry-83.html をご覧ください。

20170112093742e57s.jpg

======
原発事故から丸6年。国による何の手立てもない中、全国各地の有志に
よって行われてきた保養プログラムですが、今年度で何らかの区切りを
つけるところも多く、福島はもう大丈夫、保養なんてもう必要ない、と
いう声も聞こえてきます。しかし・・・

空間線量や食品測定値が国の基準以下であれば、そこで暮らすことに
何の問題もないの?
除染不可能な野山や海辺など、自然の中でこどもたちが過ごしても
ほんとうに大丈夫?

不安の声はまだまだ多いのに、安全キャンペーンの圧力の中で、声を
上げることはますます難しくなっています。支援打ち切りによって帰ら
ざるを得ない家族、事故後に子供を生んで放射能汚染について意識する
ようになった母親など、新たな保養のニーズも出てきています。

7年目を迎え、状況はどんどん変わっていくと思われますが、自分たちに
できることとして、保養活動をこれからも続けていきたいという気持ちに
変わりはありません。
これからも保養に対するご理解とご協力をよろしくお願いします。
======

※この保養キャンプの経費は、民間助成金、福島~山梨つながるネット基金、
参加費などで賄われます。
「福島~山梨つながるネット基金」(4月3日のひろば原発被災者支援基金)
ゆうちょ銀行 10860 10101051 口座名「福島-山梨つながるネット」

福島~山梨つながるネット
http://tsunagarunet43.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

| 福島~山梨つながるネット | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

[43]親子でわんぱくキャンプ in 白州 2016(7/28-8/1)

◆親子でわんぱくキャンプ in 白州 2016◆
日程:7月28日(木)~8月1日(月)
場所:北杜市白州町 五風十雨農場

「4月3日のひろばーつながるネット」の第13回目の保養プログラムになります。
今回も東北・関東の放射能汚染地域の親子が参加予定です。

詳細は福島~山梨つながるネット 『親子でわんぱくキャンプ in 白州 2016夏』をご覧ください。

2016summercampflyers.jpg

| 福島~山梨つながるネット | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

[43]親子でわんぱく春キャンプ in 白州 2016 終了しました

みなさまのご協力のもと、無事に保養キャンプが終了しました。
温かいサポートを頂き、本当にありがとうございました。

福島~山梨つながるネットのブログをご覧ください
http://tsunagarunet43.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

| 福島~山梨つながるネット | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

[43] 親子でわんぱく春キャンプ in 白州 2016 (3/25~28)

『親子でわんぱく春キャンプ in 白州 2016』

「4月3日のひろばーつながるネット」では、第12回目の保養プログラムとして春休みのキャンプを実施します。
今回は福島をはじめとする東北・関東の放射能汚染地域の親子約30名が参加予定です。

原発事故からまる5年が経ち、政治も社会も報道もまるで放射能汚染などなかったように振るまい、放射線被害について言及することが「風評被害」として被災地の復興の妨げになるという風潮が主流となる中、汚染地域に住む子供たちの健康被害や親たちの不安は、ますます増大しているにもかかわらず無視されることが多くなってきました。

昨年北杜市で上映された『小さき声のカノン』でも取り上げられましたが、事故以来全国各地で実施されている保養プログラムは、放射能汚染を心配せずに思いきり外遊びをしたり、子供たちの身体の中の放射性物質を減らすことができるため、ますますその重要性が高まっています。にもかかわらず、世間の関心が薄れる中、多くのプログラムが予算やスタッフの確保に苦労しているのが現状です。みなさまのご支援、ご協力をぜひよろしくお願いいたします。

SpringCamp2016.jpg



| 福島~山梨つながるネット | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

[43]「福島~山梨つながるネット」2015/1/15締めの会計報告

2015年1月15日締めの会計報告をさせていただきます。

◎H25年度繰り越し金 864,157円

《収入》

個人の方々のお名前はお断りしていませんので、公表を控えさせていただき、団体名のみ公表させていただきます。

5/22 笹屋 募金箱                 3,764円
6/06 八ヶ岳歩こう会              7,808円
9/19 笹屋募金箱                2,939円
10/14 せらひうむ募金箱             2,370円
12/12 灯鳥募金箱                7,292円
12/24 はじめのいっぽパレードカンパ       3,000円
個人募金の合計                28,000円
その他(利子)               218円

◎収入合計 55,391円


《支出》

*一時避難支援として 
 保養相談会経費@二本松(6/14)&@福島県南(6/15)  34,928円
  夏わんぱくキャンプin白州経費            68,668円
  わんぱく冬あそびin北杜経費           273,125円
*その他 
  チラシ印刷、通信費など              4,990円

◎支出合計 381,711円

残高は、537,837円です。

皆様、たくさんの温かい募金をありがとうございます。引き続き宜しくお願い致します。

| 福島~山梨つながるネット | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。